マンション 売り時

MENU

マンションの売り時。今売るべき?いつ売るのが一番いいか徹底調査

マンションは、買取業者に買い取ってもらうのがその時々で一番メリットがあると思います。
参考:マンション買取で損しない!失敗しない優良業者の選び方
参考:マンション買取業者ランキング

 

ですが、売って得する時期、損する時期があります。このページですが、マンションを売るときの時期、タイミングについてご説明したいと思います。

 

中古マンションは築年数で売り時・資産価値が変わります

マンションは築年数によって価値が大きく変わってきます。

 

基本的には、土地の評価が変わらないとしてもマンション自体の価値は時間とともに減っていきます(土地に対して上物といいます)

 

少しずつ減るわけではなく、15年を境に一気に減っていきます。

 

これはマンションの耐用年数や大規模な修繕費(だいたい15年くらいで大規模改修があります)がかかりますのでただでさえ古くなって価値が減るところに、大規模改修により管理費が高くなる、デザインが古くなってくる、マンション内の計器(給湯器、システムキッチンなどは高いです)の買い替えなども必要と、住むため費用が新築時にくらべてかかるためではないかと思います。

 

なので今住んでいるマンションが築10年〜13年くらいのマンションであれば築14年あたりが最もいいタイミングだ言えます

 

マンションを購入して10年後に売却するとしたら?

15年を境に大きくマンション価値が目減りしますので、10年後に売却が決まっているような特殊な場合は、最初から築15年以降のマンションを検討すべきと言えます。

 

新築のマンションは、そもそも価値が減りやすいので、10年後の売却念頭にマンションを購入するのであれば、築16年のマンションがねらい目です!

 

 

築20年以降のマンションの売却

 

逆に、築20年以降のマンションであれば売却するタイミングでそれほど変化はないのでご自身の状況に合わせて売りたいときに売ると言う感じでいいかと思います。

 

 

築50年マンションの売り時。こんなマンションでも売れる?

 

結論から言うと築50年というような古いマンションも買取・売却は可能です。

 

ただ、人が住めないようなボロボロ&立地も悪いと言うようなのでなければという前提になります。

 

古くても住みたいと思えるような外観、内装、そして立地がよければ思わぬ高値で買い取りをしてもらえる場合があります。

 

 

古いマンションの売却はまずは需要があるかどうかを一括査定サイトなどを利用してチェックしてみるのがおすすめです。

 

参考:マンション買取一括査定サイト(無料)