マンション 買取

MENU

マンション買取業者をランキングでご紹介

このページは、マンションの買取についてわかりやすくまとめたページです。マンションの売却をお考えで買取を検討してる方にお得な方法(一括買取査定)をご紹介しております。

 

 

まず、マンションの売却になぜ買取業者がいいか?買取業者に買い取ってもらう以外にもいろいろありますが、マンション買取業者以外に売却するときは、デメリットが多いです。

 

売却先は、ネットで買取希望者を募集して買い手を探すことも可能ですが、すぐにいい条件で売却するのは難しいものがあります。不動産屋に頼んだとしても、すぐに買い手が見つかればいいのですが、見つからなければ6か月や1年以上かかることはよくありますし、希望の条件での売買はなかなかむつかしいのが現状です。

 

逆に、マンション買取の業者であれば一度家を見せるだけで、いろんなところで最高値で売れるところをさがしてくれますので、時間もかからずいい条件で買取をしてもらうことが可能です。

 

 

マンション買取の業者を利用するメリット

マンションの売却するときにマンション買取の業者(サイト)を選択肢の1つとして利用するのはオススメです。

 

もちろんべつの選択肢として

  • マンション買取の業者を通さず売却
  • 不動産仲介業者に頼んで売却
  • マンション買取の業者に頼んで売却

と3つありますが、どれもそれぞれに良い点があります。

 

では、マンション買取の業者を利用したマンション売却のメリットについてお話したいと思います。

 

やはりマンション買取の業者の一番のメリットば、すぐに現金が手に入ること。マンション買取なので見積もり査定がそのまま売却金額になります。

 

ちなみに仲介業者に依頼するとはやくて3ヶ月。遅い場合は、1年以上売れないということもよくあります。

 

 

なので、急に生活スタイルが変わって2週間以内にマンションを手放したいと言うときなどは、マンション買取の専門業者に買い取ってもらうしか選択肢はないということです。

 

近所の人たちに知られずにマンションを売却

現金化が早い以外にもマンション買取の業者に売却する場合、近所の人たちに知られずにマンションを売却出来ると言う利点が挙げられます。

 

通常、マンションを売却するとき、仲介業者に依頼すると、

 

マンションの売り出し広告(新聞広告など)を出しますので、自分のマンションが売りに出されていることが近所の人にわかってしまいます。近所の人に知られずマンションを売却したいという時はマンション買取の業者に依頼するのベストな選択になります。

 

マンション買取の業者を利用するデメリット

ここまで、マンション買取の業者のメリットばかりをご紹介いたしましたが、メリットばかりではありません。順にご説明したいと思います。

悪質なマンション買取業者の存在する

マンション買取の業者には、悪質な業者が存在します。そんな業者に依頼すると相場より極端に安い査定をされる場合もあります。早くお金が欲しい時でも、だからこそ大きな損をしないためにもマンション買取の取引は慎重に納得した上で売買をするようにしましょう。

 

マンション買取の業者に提示された金額ですぐに売却するのではなく、マンション買取査定サイトなども利用して買取査定のおおまかな目安を把握してから売却するようにしましょう。

 

複数の業者に査定してもらって一番条件の良い業者に売却するのが賢明です。そういう意味では、マンション買取の一括査定サイトなどを利用するのが一番おすすめです。

マンション買取の業者に頼むのが結局は一番得!

マンションを売却する時はマンション一括査定サイトを利用して複数の買取業者の中で最高値の業者に売却するのが一番だと思います。

 

時間をかけてもいいのであれば、仲介業者に頼むのも悪くはありませんが、最悪いつまでたっても売れない可能性もあります。ずっと不要なマンションを寝かせておくのであれば、マンション買取の業者に売却して、早い段階で現金化するほうがおすすめです。

 

 

少し例をあげると、
業者を通さずにマンションの売却をしようとすると、中を見たい・内覧したいという購入希望者がたくさん来ると思います。1、2人で売却できればいいのですが、売れるまで何十組もの希望者の対応をする必要があります。その時間を労力を考えると業者を通さずに売却するのはデメリットが多いと言えます。

 

 

また、マンション買取の業者に売却した場合、リフォームは必要ありませんし、あとからクレームをつけられることもありません。

 

買取してもらうのが得な物件(買取以外で売りにくい物件)

不動産を何らかの理由で売却したい場合、オークションや中古不動産を取り扱う業者に仲介を頼むなど、方法は様々あります。

 

しかし、一部の物件ではこのような方法ではなかなか買い手が見つからないため、直接買取をしてもらった方が早く確実に売却ができます。

 

建物や周辺環境に難のある物件

買取の方が効率よく売却できそうな物件は、何らかの理由で人気がなさそうだったり、優先的に選んでもらえない可能性が高い物件です。

 

特に建物の状態や周囲の環境はその後の生活に大きく影響するので重視する人が多く、少し安めの価格で売却するほうが確実です。

 

築年数が古い物件

長く人が住んでいた物件は壁紙や床をリフォームしても、見えない場所の老朽化が進んでいるため、知識のある人はまず選びません。

 

住み始めてからすぐに修繕が必要になって余計な出費をすることは誰でも避けたいと考えるのが当たり前です。

 

最近では耐震性や断熱性なども非常に重視されるため、古いほど競売や不動産会社経由では売りにくくなっています。

 

利便性の悪さもマイナス要因になる

駅が遠かったりバスが近くを通っていない、お店や学校が遠いといった利便性の悪さが目立つ物件も避けられてしまいます。

 

地方の物件や高齢者がいる物件の場合は病院までの距離も重要視されることが多いです。

 

過去の住人の問題や災害を経験した物件

新しい建物や周辺の環境が非常に良くても、建物が経験したトラブルや災害によって避けられてしまう物件もあります。

 

中でも事故物件と災害を経験した物件は特に買い手が見つかりにくい傾向がとても強いです。

 

自殺や事件があった物件

不吉なイメージが有るこれらのトラブルが発生した物件は、相場価格よりも落とした価格設定でもなかなか売れない代表的な物件になってしまいます。

 

特に殺人や自殺などで亡くなった人がいる物件は子供のいる家庭ではまず避けられ、噂が立っていることも多いので非常に売れにくいです。

 

持ち主には非常に困った物件になってしまいますが、直接交渉を行えば買い手がつくこともあるので買取を選んだほうが良いでしょう。

 

災害などで地価が下がった物件

自信などの災害を経験しても修繕を行い、強度が戻れば売れるのではないか?と考える人が多いと思います。

 

しかし、被災した地域は地価が大幅に下がってしまうので、競売や不動産会社経由では売れなかったり、非常に安い価格設定をされてしまいます。

 

他の理由でも地価が下がっている地域の物件は買取をしてもらったほうが効率が良く、相性の良い買取手が見つかれば良い価格での販売も期待ができます。

 

このように「自分が住みたくない」と感じるような物件は、オークションや不動産会社に売却を頼んでもなかなか売れず、売れても非常に低価格になりがちです。

 

しかし買取であれば交渉ができ、ピンポイントで必要とする人に働きかける事ができるので買い手が見つかる可能性が高くなります。

 

マンション買取価格の相場を知る方法

マンションを売却する為にはまずはどれくらいの価格で売れるのか、相場を知ることが重要です。

 

相場を知るにはマンションを査定してもらい、複数の業者が出す査定額を見て平均を出す必要があります。非常に重要になる査定ですが、大きく分けると2種類の査定方法があります。

 

現地査定

昔からある王道の査定方法で、マンションを実際に見てもらって査定をしてもらう方法です。

 

マンションの場合は築年数や共有部分の価値、管理状態など自宅以外の部分が査定額に大きく関わってきます。

 

その為現地査定の方が確実な価格が出る事が多いです。

 

 

しかし、複数の業者から査定をしてもらうことになるため、何度も自宅に業者が来ることになるという手間が発生します。素人が各業者に同じ情報を同じ分だけ伝えるというのはなかなか難しいこともあり、査定額がずれてしまうというリスクもあります。

 

簡易査定(オンライン査定)

最近になって注目されるようになった簡易査定は、ネット上で必要な情報を入力して査定をしてもらうものです。

 

築年数・広さ・地域など少し調べれば分かる内容の入力で、一括で複数の業者の査定額が分かる手軽さが人気になっています。

 

現地に行かないとわからない情報の分は曖昧になってしまいますが、大まかな査定額から相場を知るには非常に良い手段です。

 

 

不動産の相場は変動するので、査定は売却したい3ヶ月以内に行うのがベストです。簡易査定であれば数日で結果がでるので、売却を検討しはじめたらまずはネットで申し込んでみるのが良いでしょう。

 

マンション買取の手数料

マンションの売却には仲介と買取の2種類があります。

 

仲介だと仲介手数料がかかり、売却までに時間がかかるというデメリットがあります。そうすると買取の方がいいように感じますが、買取でも費用と手数料が発生します。

 

必要になる手数料

まず必要になるのが印紙代です。
契約を行う際に売却価格に応じた印紙を契約書に貼る必要があるため、必ず必要になります。

 

3000万円での売買契約の場合は15000円の印紙代がかかり、意外と高額なることもあります。事前にいくら分の印紙が必要になるかを確認しておきましょう。

 

 

ローン抵当権抹消登記などの事務手数料が必要になることもあります。

 

担保権がついている場合はそれを抹消や、住所が移動されている場合はその手続きが該当します。一般的な住宅の場合は2万〜10万円程度でこちらも忘れていると思わぬ出費になることがあります。
事前に必要な費用を調べておくようにしましょう。

 

買取では不要な手数料

仲介の場合は仲介手数料として売却が決まった際に決まった割合の額が売却額から引かれます。

 

実費で支払うということはありませんが、実際の売却額から引かれるので損をしたと感じることもあります。

 

買取の場合は業者が提示した価格で売却し、その額がそのまま手元に入ります。また、業者によっては売却のための広告を打つこともあり、この費用が請求されることもあります。買取では広告を打つことは無いため、この費用も請求される心配がありません。

 

マンション買取時にリフォームは必要?

不動産の買取額が決まる際に、建物の状態や内装・設備の状態は大きなポイントになります。

 

その為、買取を依頼する前にリフォームを検討する人が多いですが、実はマンションの場合はリフォームをしてもあまり意味が無いことがあります。

 

共用部分の状態が重視される

マンションには自宅内などの専有部分と、マンション利用者全員が使える共用部分です。

 

エントランス・廊下・エレベーターなどが共用部分にあたり、買取の際はこういった部分の状態が重視されます。

 

築年数をはじめ、セキュリティの強度やメンテナンスの状態と外観の状態が主に見られます。また、管理人が常駐しているかどうか、全体的な改修予定があるかなども買取額に影響します。

 

共用部分は勝手に修繕などが出来ない為、専有部分よりも重視されることが多いです。その為自宅内をどんなにリフォームしても共用部分で価値が下がり、リフォームの意味が無くなることがあります。

 

専有部分で重視されるのは水回り

専有部分が査定される際に一番重要になるのは台所・トイレ・風呂場です。

 

水回りはリフォームや修繕に費用が嵩むため、真っ先に査定される大きなポイントなのです。見た目に大きく影響する壁紙や床などはリフォームがし易いので、こういった部分は目立つ割に買取額への影響が少ないです。

 

 

それなら水回りをリフォームして買取額を上げたい!と思うかもしれませんが、必ずしも得する結果になるわけではありません。水回りが綺麗になれば確かに査定額はあがりますが、リフォームにかかった費用以上の額が上乗せされるかはわからないためです。

 

 

このようにマンション買取を依頼する際にはリフォームをすれば必ずプラスの結果になるとは限りません。無理にリフォームをするよりもまずは一度査定をしてもらい、どれくらいの値段が付くのか知ってみるのも良いでしょう。

 

マンション買取再販業者とは

マンションや戸建てなど、不動産を売却する際には主に2つの手段があります。

 

不動産業者を介して購入希望者が出てくるまで待つ「仲介」と、不動産業者に買取って貰う「買取」です。このうちの買取を行い、不動産業者所有の物件として売り出す業者のことを「買取再販業者」と言います。

 

マンション買取再販業者はどんなことをしているの?

マンション買取再販業者が物件を購入すると、多くの場合は最初にリフォームがされます。

 

次の購入者希望者が少しでも魅力的に感じるように、新築同然に大幅な改修が行われることもあります。その後に中古物件として売りに出し、買取額+経費よりも高い価格で売ることで利益を得ています。
言い方を変えてしまえばマンションの転売業者ということですね。

マンション買取再販業者を利用するメリットは?

マンション買取再販業者を利用して売却を行う一番のメリットは、迅速に売買が行われて現金が手に入ることです。

 

仲介で売却を行うと購入希望者が出てくるまで売却はできず、建物や地域によっては長期間買い手がつかないこともあります。買取再販業者を利用することで早ければ数日で売却が終わるので、急ぐ場合にはとても助かる方法です。

 

また、仲介での売却の場合は内覧が何度も行われることになります。

 

見ず知らずの人が自宅に入ってきて状態を観察されるのはあまり気持ちのよいものではありません。買取再販業者に依頼する場合は一度の現地調査だけで済むので、手間も時間もかからないことも大きなメリットになっています。

マンション買取再販業者の利用方法は?

マンションを買取って欲しいと考える場合も、仲介と同様にまずは査定をしてもらうことになります。

 

相場をしって査定額に納得がいく業者に連絡をして買取も行っているかを確認しましょう。あらためて買取額が提案されますが、査定額よりも低い価格での買取を提案されることがほとんどです。
しかし、仲介の場合も仲介手数料がかかるので大きな損にはなりません。

 

 

納得の行く業者が見つかったら現地査定をしてもらい、正式な売却額がきまります。必要に応じて交渉を行い、売却をするならそのまま話が進みますがこの時点で業者を変えたりキャンセルすることも可能です。

 

 

マンション買取業者ランキング

スマイスター

スマイスターは約800社のマンション買取業者を、見積もり比較ができるサイトとなっています。

 

マンションなどの不動産を売却するには、見積もりする依頼先によってずいぶんと差が出てくるので高く売るには比較が大事になります。

 

スマイスターは簡単操作で最短では、45秒で査定見積もりが依頼できてしまいます。全国にある約800社以上での不動産会社から比較できて、なんと1000万円の見積もり差があるくらいです。

 

不動産での査定額は、相場・物件の内容・需要によって決まっていきます。差が出てしまう理由は、不動産会社によって得意分がありマンションを得意とする会社ではマンションの査定額が高くなる傾向になります。

 

スマイスターでは最短で45秒で、無料査定を一括で表示できるサイトになります。

 

イエウール

イエウールでは業界最大級になるマンション買取業者含む不動産会社を、一括査定での比較見積もり出来るサイトになります。

 

マンションを売るならば最高の価格で売却したいものです。提携会社は大手の不動産会社も入る全国でも最大級となる査定をしてくれるので、高く売れる会社が見つかります。

 

イエウールでは査定する不動産情報ではわずかに60秒で、全国にある1200社に一括査定依頼して、その中から最高価格をチェックしてくれて売却が成功すればサポートまでしてくれます。

 

マンションを売るのに損をしない為にも、ぜひ無料一括査定できるサイトを利用していきましょう。不動産会社によれば、500万円になる差が出ることもあります。

 

簡単60秒の入力だけで、最大の6社へ一括査定依頼をしてくれます。

 

イエイ

イエイは日本最大級になるプラン数の中から、いちばん高いを見つけてくれる価格比較できるサイトになります。

 

イエイは厳選してマンション買取業者を含む不動産会社を選び、査定してよかったと喜ばれています。素人では査定金額は分からないので、査定比較をすれば不動産会社の良さが見えてきます。

 

イエイはトラブルを防ぐために、悪徳な企業は徹底的に排除しておりお客様からイエローカードを知らせて頂くと、評判が悪かった場合には契約解除できる契約をしておりますので、安心して任せられる価格比較できるサイトになります。

 

不動産売却での悩みをすべて解決してもらえる、万全なサポート体制を整えており任せられます。

 

不動産売却シュミレーションを60秒で、無料診断できます。

 

 

マンション買取一括査定サイト「スマイスター」の評判

初めての査定でも安心して利用出来ました

戸建てに引っ越すためにマンションの売却を検討していましたが、初めてなので何もわかりませんでした。
ネットで調べて査定がネット上で出来るということを知り、幾つかの査定サイトを使ってみました。
途中で個人情報を求められる事が多く、正直ちょっと怖くなってやめていました。

 

スマイスターでは個人情報は必要なく、権利書も提出する必要がなかったので安心して査定を申し込めました。
必要な情報も難しいものがなかったので素人でもとても利用しやすいという印象です。
売却の仲介をお願いしようと思っていましたが、買取という道があるということもここで知りました。
あまり長引かせたくなかったので、スマイスターに買取ってもらってあっという間に売却が終わりました。
大きな問題もなく、とても安心して売却まで進める事が出来たのが非常に好印象でした。

はじめは興味半分でした

田舎の祖母の家がどれくらいの価値があるのか気になってスマイスターに申し込んでみました。
かなり古い家だったのですが、思いの外良い値段になったので自分のマンションもスマイスターで査定をしてみました。

 

複数の業者から見積が来ましたが、同じ条件でも査定額に差があることに驚きました。
マンションだと築年数や共有部分の価値が大きく問われるようで、売るなら早いほうがいいと判断して妻と相談をした結果売却を決意しました。
ちょうど子供が出来た頃で戸建てへの引越しを検討していたのでちょうどいいタイミングだったと思います。

 

そこからは話が一気に進み、スマイスターに買取りを依頼する形で話が進みました。
現地査定や内覧を終え、思いの外短期間でスムーズにマンションの売却が完了しました。

仲介と買取で悩んでいました

マンションを売却しようと思い、初めて仲介と買取という2つの手段があると知りました。
仲介だと時間はかかるけど高く売れることもあるそうで、最初は仲介のつもりでした。
でも、査定で納得の行く価格がでたのでそのままスマイスターに買取を依頼しました。
実地調査のあと売却価格の提示があり、ここで値段の交渉が出来るというのは売却側は嬉しいなと思いました。

 

価格が決まってからはあっという間で、引き渡しの日程などを綿密に決めてから買取っていただきました。
初めてのことでしたがとても親切で親身になって話をしてもらえたので、不安も少なく進めることが出来ました。

マンション買取の業者ランキング